債務整理後のクレジットカード※債務整理をするなら知っておこう!

債務整理後のクレジットカード※債務整理をするなら知っておこう!

債務整理後のクレジットカード※債務整理をするなら知っておこう!

毎月の借金の返済が大変な場合は、債務整理をすると良いです。債務整理をすると債務や金利が減額になって、毎月の返済金額を減らすことが出来ます。ただ債務整理をすると金融事故扱いになってブラックとしてブラックリストに入ります。そして新規にクレジットカードなどを持てなくなります。

クレジットカードの審査は、過去に金融事故が有ったかを調べます。その時過去に金融事故を起こしてブラックになっていれば、ブラックリストに入る為、それが原因でクレジットカードの審査が通らなくなります。金融事故は返済が延滞しただけで事故扱いになりますから、その後完済していても事故者としてブラックになります。

ブラックリストとは、金融機関が申込者の信用調査に使う信用情報機関の金融事故者達のリストです。このリストに事故者として登録されると、登録が抹消されるまでブラックとして各金融機関に照会されますから、クレジットカードの審査が必ず通らなくなります。

ただ登録には期間が有ってその期間を過ぎると記録が抹消されてブラックでは無くなります。その期間は債務整理をして、整理された債務が完済されてから、信用情報機関によって違いますが、大体5年ほどかかります。だから債務整理をする時は、ブラックリストに登録されるから、どの金融機関からも当分借りることが出来なくなって、クレジットカードを作れなくなることを考えて債務整理をするかしないかを考えなければならないです。