債務整理するために必要な条件について【賢い借金解決への道】

債務整理するために必要な条件について【賢い借金解決への道】

債務整理するために必要な条件について【賢い借金解決への道】

債務整理とは、借金問題を解決するための制度で、任意整理、特別調停、個人再生、自己破産の四つの方法があります。債務整理をすると借金の残高を減らすことができたり、返済に猶予をつけることができるようになります。
任意整理とは弁護士や司法書士に頼んで金融業者と交渉してもらい、払いすぎている利息や過払い金があれば返還請求をし、今後の返済の利息をカットしてもらうように交渉することです。任意整理の条件には、借金を返済するための安定した収入があることや、返済を継続していく意思があることがあげられます。
特別調停とは裁判所で借金の減額交渉を行なうことで、任意整理と同じですが、弁護士に依頼しないため弁護士費用がかかりません。特別調停を行なうための条件は、特定債務者であることです。
個人再生とは自動車や住宅などの財産を手放すことなく借金を減額してもらう方法で、借金の一部を支払う代わりに残りの借金を免除してもらいます。債務の原因は問われないので、ギャンブルの借金でも利用することができます。個人再生が認められる条件には、借金総額が5000万円未満であること、安定した収入が見込めること、マイホームが住宅ローンの担保になっていないことなどがあげられます。
自己破産とは裁判所に申し立てをして借金をゼロにしてもらうことです。自己破産の条件には、浪費による借金でないこと、過去七年間に自己破産を行っていないことがあげられます。
債務整理の方法にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分にあった方法を選ぶようにしましょう。